願望や目標をパスワードにするだけで夢が叶った?簡単なやり方とは!

Password

今や会社勤めをしている人の大半が仕事で使用しているパソコン。インターネットを経由してどんな情報にでもアクセスできるなど、魔法のように便利な反面、セキュリティに関してはシビアにならざるを得ないもの。定期的にパソコンへのログインパスワードを変更するよう義務付けられている会社も多いことと思います。

そんなパスワードを使用して、簡単に目標や願望を実現する効果的な方法があります!どうせ設定し、打ち込まないといけないパスワードなら、自分のためにも有効に活用したいですよね!

 

sponsored link

パスワードで目標や願望を実現する方法は?

それでは具体的にどうやって、「パスワードで目標や願望を実現」したら良いのでしょうか?

この方法は、アイディアを共有する海外のサイト「Medium」にて上海在住のデジタルデザイナー、Mauricio Estrella氏が投稿したものが元となっています。

内容の要約は以下のとおり。

前妻と離婚したばかりでどん底状態だったマウリシオ氏は仕事場のパソコンから「パスワード更新のお知らせ」を受け取る。マウリシオ氏はこのパスワードを、「Forgive@h3r(彼女を許す)」というように現在の目標へ変更した。毎日何度もパスワードを入力することで繰り返し目標を再認識し、次々と実現していくマウリシオさん。「旅行のための貯金」、「たばこをやめること」、「猫を飼うこと」などを叶えていくうちに離婚の傷も徐々に癒え、新しい彼女とつきあいはじめ同棲にいたり、ついにはプロポーズにも成功しました。

 

この方法の素晴らしい点は、パソコンまたはシステムに任意のパスワードを設定している人ならどんな人でもいつからでも簡単に始めることができる点にあると思います。また、毎日何度もパスワードを入力することで、ぶれてしまいがちな気持ちをその度修正することができるのがとても良い点だと思います。

 

「引き寄せの法則」の観点から言っても、「日頃考えていることが現実になる」というところから考えて、「そうなってほしいこと」を毎日何度も入力するのはとても意味のあることだと思います。人間は一日に数え切れない程たくさんの内容を思考しますが、何気ない日常の中で繰り返し夢や願望、考えると嬉しくなってしまうキーを再認識していくことには、とても大きな意味があるように感じます。

 

私自身もこの方法を実践しているのですが、不思議なことに自分の努力だけではどうにもならないようなことが起こって、次々に目標が実現していくのがとても不思議です。「たばこをやめる」、「貯金をする」などの努力目標に使用するのも良いですが、「素敵な出会い」などに変更しても”チャンスを逃さない心構え”が普段からできるなど、一定の効果があるのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

パスワード設定方法のコツ

とはいえ、パスワードはやはり会社で使用するものですので長文を使用するのが難しいところもあります。パスワードとしてスペースを含む128文字までの文字列が使用可能、というのであれば好きなものを設定することも出来ますが、みじかいところだと(iPhoneなど)4文字と決まって居たりもします。「10文字以内で、数字と大文字小文字を含む」などとルールがあると、設定するのが本当に難しいですよね。

そこで、パスワードを設定する際に便利な文字の使い方、良い方法などをまとめてみます。

 

◆数字をアルファベットに見立てる
→1をI、4を大文字のAなどに見立てる方法。提唱者のマウリシオ氏も、猫(CAT)を”c4t”と表現するなど活用している方法です。

 

◆アルファベットを置き換える
→”es”の2文字を大文字”S”に、forを”4”などに置き換えるなどの方法です。英語で携帯電話のテキストメッセージを送信する時など、”You are・・・”と書くべきところを”u r”と書いたりしますが、この方法を使用すると10文字でも結構な文章がかけると思います。

 

◆文章の頭文字をパスワードとして設定する
→4桁までのパスワード、というふうになると、さすがに文章を作るのは難しいもの。”LOVE”や”RICH”などは設定出来ますがつかえる単語も限られてきます。そんなときは、文章の頭文字をあいうえお作文のように使ってみるのも一つの方法。頭の中で文章を再生しながら頭文字を入力することで、パスワードを入力するたびに思い出す、認識することができると思います。

 

今日からでも早速始めることのできる、パスワードの魔法。
ぜひとも試してみてくださいね!


sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




サブコンテンツ

このページの先頭へ